header01.jpgheader01+.jpgheader02+.jpgheader04+.jpgheader05+.jpgheader06+.jpg

IMG_1347.jpg
東北を中心に県外での打ち上げも請け負う。出張した職人のお土産にもセンスが問われる。

日常の風景


古新聞に、カレンダー。

年賀はがきにお菓子の空き箱。

タイヤに米袋にダンボール。

あらゆるところで活かされている再利用の品々。


エコという言葉がもてはやされるうんと前から、

若松煙火では日常の風景。


「買ったが早い。」


そういう人もいるかもしれない。

でも、それが若松煙火では日常の風景。








◎手に宿る→

◎道具がなければ、自分でつくる→





IMG_8274.jpg
思い立ったらすぐ試す。これまでにない花火の開発は、材料づくりから。



IMG_2240.jpg
もはや幻となったパラシュート花火。いつでも復活できるよう、先人の作品を捨てずに保存。歴史的な資料があるのも伝統のある花火屋だからこそ。